about TUCC

  • 鳥取大学サイクリング部とは
    鳥取大学体育会に所属するサークルの一つ。日々の練習を通し、日本各地への自転車旅行を主な目的とする。その性質上、行われるイベントにはアウトドアの要素が多分に含まれ、活動は多岐に及ぶ。
    留意すべき点として、何故か部員が常識線上を微妙に外れた人間によって構成されていることが挙げられる。原因については、現代の科学を以ってしても未だ解明されていない。
  • Guideline – 基本方針
    部の本質、全体としての活動方針は長期休暇を利用した旅であり、日頃の練習は事実上そのためにある、と言っても過言ではない。レースや大会に向けたものではないので、自転車初心者にも対応しており、徐々にレベルを上げていくことで、最終的に誰もが日本各地を走り回れる体力、精神力を身につけることができる。合宿を始めとした数々のイベントは、サイクリングの枠を超えたアウトドア体験であり、自転車以外にも様々な技能、知識が得られる。するのはアウトドアであって、間違ってもサバイバルではないが、イベントを経験するたびに何故か生命力も向上する。普通の女の子でさえ、そうなのだから、何者か(恐らくOBの方々)の魔力が働いているものと思われる。チャリ部が普通人とは違う理由はこの辺りにあるような気もするが、恐らく気のせいだろう。

以上が部の基本姿勢(+α)であるが、個人がその意志に必ずしも従う必要はない。部の行事に参加することが前提であるものの、その前提を守る限り、後は個人の自由であり、一人旅、大会に出場、海外遠征、部室に滞在するのも自由。

鳥大サイクリング部は、個人に対し何かを強制するということはなく、何よりも如何に自分の目標を見つけ、実践していくかを重要視している。部の活動内容や範囲は限りなく広いため、様々な活動を通して、自分を見つめなおすことができるかもしれない。

  • Organization chart – 内部構成図(≒組織図)

チャリ部は巨大組織であり、決して一枚岩ではない。組織が個人の集合体である以上、その思考・思想は多種多様である。その一部を以下に記す。
※注意:個人は複数の派閥の要素を併せ持ち、必ずしも単一の派閥に属するものではない。その意味において、派閥という表現は不適切であるが、あえて使用していることを予め断っておく。

派閥
┣━ツアー派(輪行派・自走派)
┃ ┣━観光派 ………… 観光を目的として各地を回る人々
┃ ┣━縦断派 ………… 北海道から鹿児島まで縦断を目指す人々
┃ ┣━放浪派 ………… 目的を持たず気の向くままに流離う人々
┃ ┣━弾丸派 ………… 各地を走るために走る人々
┃ ┗━海外派 ………… 外の世界に憧れて日本を飛び出した人々

┣━練習派
┃ ┣━大会派 ………… 大会を目指しストイックに練習に励む人々
┃ ┣━快走派 ………… 何者にも束縛されず自由に走る人々
┃ ┗━部活派 ………… 部の日々の練習に重きを置く人々

┗━その他
┣━多忙派 ………… チャリ部だが他の用事であまり乗れない人々
┣━BOX派 ………… 部室に集うことにチャリ部の意義を見出す人々
┗━アンチチャリ部派 チャリ部でありチャリ部でない不思議な人々

内部組織
┣━MNO
┣━鍋部
┣━釣り部
┣━自転車競技部
┣━温泉同好会
┣━湖山病患者の会
┣━ボードゲーム愛好会
┃ ┣━将棋派
┃ ┣━オセロ派
┃ ┗━ダイヤモンドゲーム派

┣━論理パズル研究会
┣━麻雀愛好会
┣━自給自足倶楽部
┣━軍部
┣━ちゅうじょうさんを見守る会
┣━裏行事執行委員会
┣━うどん同好会(天下り先?)
┗━きのこ研究会(そもそも内部組織なのか?)

※ H26年現在、内部組の大半は存在しません。

  • Activity – 活動内容

Weekday – 平日
月・水・金の午後5時から、鳥取大学周辺を走ります。

ハードな練習ではないので、初心者でも問題なく参加できます。布施運動公園や海に行って遊ぶなど、「速く走ること」よりも「総合的な意味でのサイクリング」を楽しむことに重点を置いている、かもしれない。

そして時には坂を登って体力作り……。

Holiday – 休日
練習はありません。

サイクリングの醍醐味は自分で好きなように走れる点にあり、休日を利用して、いつもはいけないコースを走ったり、遠出する人もいます。そして、普段の練習では飽き足らず、更なる高みを目指して練習に励む人も。

Vacation – 長期休暇
練習はなく、サイクリング部最大行事「合宿」があります。夏休みには涼しい地方へ、春休みには暖かい地方へ赴き、日本各地を部員全員で走るのです。

サイクリング部の真骨頂は、長期休暇中にする旅、通称「ツアー」にあります。ツアーは合宿のように全員で走るのではなく、各自が好きなところへ、好きなように、好きなペースで走る完全個人旅行です。メンバーを募るも良し、一人で走るも良し、先輩についていくのもOK。日本縦断をする人や、世界中を走る人も。

また、ストイックに練習に励む人やレースに参加する人もいます。サイクリング部内には大会を目指すグループも存在するので、自分なりの楽しみ方を見つけましょう。

Winter – 冬
練習はありません。鳥取の冬は厳しいのです。

しかし、駅伝大会まではランニングのトレーニングをします。

鳥取を中心に様々な自転車ライフを過ごしています!